iPhone 4Sのバッテリーを交換してみた話。

Apple

先日、iPhone 4Sのバッテリーを交換しました。

iPhoneのバッテリーは基本的に交換できないようになっているので、

  1. Appleに依頼する
  2. バッテリー交換サービスを行っている業者に依頼する
  3. 自分で交換する(DIY)

という3択になろうかと思いますが、私は「3.自分で交換する」方法を選択しました。

費用が抑えられるというのが、1番の理由です。

バッテリーは、換えたいときが換え時!

最近、バッテリーの減りが早くなり、昼過ぎには再充電が必要なくらいでした。

また、30%くらいから一瞬で5%以下になって電源が落ちるということもありました。

前からバッテリーを交換したいとは思っていましたが、ついにその時が来たか!という感じで、今回交換を実施することにしました。

バッテリーを交換するにあたって、まず大まかな作業の流れを確認しました。

  1. 交換用バッテリーを用意する
  2. 必要な工具を準備する
  3. バッテリーを交換する

この中で重要なのは、交換用バッテリーをどこで調達するか、という点です。

ちなみに、バッテリー交換の仕方については、他の方の記事を参考にしました。

交換用バッテリーをどこで買うか?

バッテリーが購入できるところ

交換用のバッテリーは、Amazonや楽天などで販売されています。

しかしながら、それらのほとんどが中国からの輸入品のため、品質にはかなりバラつきがあるようです。

レビューや口コミを見ていると、新品を買ったはずなのに中古のバッテリーだったとか、再起動を繰り返すようになったとか、そのようなものが多くみられます。

なので、レビューを参考にして、比較的良い評価が多いショップで買うのが良いと思います。

ただ、同じショップで購入しても品質にバラつきがあるので、その辺りは覚悟する必要がありますし、不良品があったときに交換・返品に対応してくれるショップを選ぶのが良いと思います。

私が購入したショップ

私は、楽天の「えこたうん」というショップで購入しました。

このショップを選んだ理由は、レビュー・口コミがとても良かった点です。しかも、安い。

ちなみに、1,100円でした。

iPhone4S専用交換バッテリー【定形外郵便送料無料】電池交換 アイホン修理 apple

バッテリー交換の効果について

バッテリーを交換した効果ですが、確かにありました。

なんといっても、電源は入っているが使っていない待機状態でのバッテリー消費が抑えられているという点。

交換する前は、使わなくても1時間程度たつと80%台にまで落ちていましたが、今は100%~98%程度を保っています。

もちろん、使用している間はバッテリーの減りも激しい(当たり前)ですが、それでも以前よりはバッテリーの減りが緩やかな気がします。

バッテリーの価格もそんなに高くないので、バッテリー交換に対する費用対効果は満足のいくものでした。

バッテリー交換のトラブルについて

バッテリー交換をした後、3Gの電波がキャッチできなくなりました。

電源を入れても、アンテナピクトが出ず、検索中のままの状態。

実は事前に調べていたサイトがあり、その記事に原因と解決方法が書かれていました。

私の場合は、金属部品の向きを少し動かしたところ、無事に電波をつかむようになりました。

バッテリー交換したiPhone4Sのタフな持続力 - ザリガニが見ていた...。

「バッテリー端子」という項目に書かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました