『証明写真をつくろう!』で加工した写真データを、セブンイレブンでプリントしてみた

ニコニコソフト

自分で撮った写真から証明写真を作成できるソフト『証明写真をつくろう!』で加工したデータを、セブンイレブンにあるマルチコピー機でプリントしてきました。

セブンイレブンで印刷する場合の設定方法などについて、書きたいと思います。

ちなみに、セブンイレブンのマルチコピー機にも証明写真を作成する機能(200円)がありますが、今回の方法では L版(30円)で作成できます。

証明写真をつくろう! × セブンイレブン

デジタルプリントの余裕設定

『証明写真をつくろう!』で加工したデータをそのままプリントすると、指定した証明写真サイズより大きくなってしまいます。

これは、マルチコピー機を利用して写真をプリントする際に、写真の周りが少しカットされるためです。

『証明写真をつくろう!』には「デジタルプリントの余裕設定」という設定が用意されていて、セブンイレブンの場合「3%」に設定することで、指定したサイズでプリントできました。

設定方法

『証明写真をつくろう!』の上部にあるメニューから、「表示」-「デジタルプリントの余裕設定」を開きます。

デジタルプリントの余裕設定

「デジタルプリントの余裕設定」画面で、余裕を持たせる比率(今回の場合、3%)を設定します。

デジタルプリントの余裕設定

アプリから写真プリント予約

今回は、iPhoneアプリ「netprint 写真かんたんプリント」を利用しました。

アプリから加工した写真をアップロードして、予約番号を発行、セブンイレブン店舗で予約番号を入力してプリントする、という簡単さ。

会員登録の必要もなく、メールアドレスだけで簡単に利用できました。

プリントにかかった費用

今回は、履歴書などに使われる 4×3(cm)を6枚配置した写真データを、L版(30円)にプリントしたため、証明写真1枚あたり 5円 となりました。

マルチコピー機にも証明写真を印刷する機能がありますが、この場合 30円ではなく、200円かかります。サイズも 3×2.4(cm)、4×3(cm)、4.5×3.5(cm)、5×5(cm) の4種類のみ対応のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました